水漏れで蛇口 交換をする判断基準について

水漏れなどのトラブルが生じたときに、修理ではなく蛇口 交換を考えた方が良い場合があります。修理を重ねて大切に蛇口を使い続けることもできますが、新しく交換することで得られるメリットもあります。
このページでは、蛇口を新しいものに取り替えるかどうかの判断基準と新しく付け替えた場合のメリットについて紹介します。

■新しく蛇口 交換をする時期とは?

水道の蛇口は、ひどすぎる錆が発生している状況でなければ、内部の部品の取りかえで使い続けることは可能です。しかし、何十年も同じ水道の蛇口を使い続けるよりも、新しいものに交換したほうが良い場合があります。
基本的には、水漏れの修理をした場合の1万円程度の出費と新しく蛇口を付け替える費用等を比べて、どちらにすべきかを検討します。単水栓のリーズナブルな蛇口なら、ネットショッピングやホームセンターなどでも入手可能です。取り付けを業者に依頼する場合は業者が取り扱う蛇口のなかから選ぶこととなります。希望に見合うものがない場合は、追加料金を支払うことで、自分で購入したものの取り付けのみを依頼することもできます。

■蛇口を新しくするメリットについて

水道の蛇口を新しくするメリットは、水周りが明るく清潔になることです。新しい蛇口で水を使うときに気持ちのよさを感じるのも、新しくすることで得られる快感です。さらに、水道の蛇口全体が新品の状態になりますので、交換から数年間はトラブルなしで生活できます。
さらに、蛇口の内部に錆や汚れが発生していたときは、清潔な水を使えるようになることも良い点ではないでしょうか。

■まとめ
リーズナブルな蛇口なら、修理をするよりも交換したほうが良い場合があります。水周りの専門家に来てもらったときは、新しい蛇口への取りかえについても相談し、その時点で交換するかどうかを決めるのがおすすめです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ