水漏れトラブルを解決するまでのステップ

水漏れトラブルを解決するまでのステップ 水漏れなどの水のトラブルが発生したときは、解決に至るまでのステップを確認して、淡々とこなしていくのがおすすめです。慌てたり動揺したりしても水漏れがなくなるわけではありませんので、まずはなにをするべきかについて理解してください。こちらでは、水漏れが発生してから解決するまでの流れと、どういうふうに業者を決めればいいかをまとめてます。水のトラブル解決に役立ちますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

■状況の把握と水漏れの応急処置をしよう

まずはじめに、水が漏れている現場の状況をしっかりと把握し、漏れている水の量が多いときは、応急処置で水を止める必要があります。
現場の状況把握での大切なポイントは、どの部分からどれくらいの量の水が漏れているのかを調べることです。また、いつから水が漏れているのかについても、分かる範囲で調べていきます。水が漏れ出した時期は、漏れ出している水の量と周辺の水の濡れ具合いで、およその推測ができます。漏れている水の量と場所、漏れ出した時期を確認したら、紙にメモをしておくようにしましょう。また、漏れている水の量が多い場合は、止水栓や水道の元栓を閉めて、これ以上水が漏れないように応急処置をしておきましょう。

■借家に住んでる方は不動産会社に連絡
アパートやマンション、あるいは戸建ての借家に住んでいる方は、物件を管理している不動産会社に連絡をします。不動産会社では、管理している物件で水のトラブルが発生したときのために、水回りの工事会社と提携していることがありますので、トラブルがあったことを連絡すれば、早急に業者を手配してくれます。
ここで、慌てて自分で水回りの工事会社に依頼してしまうと、費用が自己負担になってしまうことがあります。借家に住んでいる場合は、いきなり工事会社に依頼するのではなく、不動産会社を優先する方がいいでしょう。
なお、不動産会社が営業していない夜間や早朝などの場合は、水回りの工事会社から連絡することも可能です。相談や見積もりをしてもらうときには、必ず借家であることを伝えるようにしてください。

■自己所有物件に住んでいる方は水回りの工事会社を選ぶ

自己所有の物件に住んでいる方は、早めに水回りの工事会社を選ぶのがおすすめです。工事会社を探す手段としては、電話帳やインターネット検索などがあります。
インターネットでサービスを検索すれば、全国のどの地域に住んでいても、どんな時間でたとえ休日だったとしても、そのタイミングで対応できる業者が見つかります。電話で問い合わせするのに料金はかからず、夜間や早朝でも迅速に対応してくれます。料金についてもホームページで分かりやすく表示されていますので、安心して利用できます。
また、具体的な費用についても、現場に来た担当者に見積もりを依頼することで、事前に確認できるようになります。

■まとめ
水漏れの状況のメモは、不動産会社や水道工事会社への状況説明の際、慌てずに伝えることができるので役立ちます。水漏れや水のトラブルの状況を分かりやすく相手に伝えることができれば、相手がそれに応じて早く適切な対応をしてくれます。
不動産会社や水道工事会社に連絡したときに、状況を上手く伝えることができなければ、スムーズに修理に取りかかれません。まずはトラブルの状況をまとめて、連絡するべきところに連絡する、という流れで進めれば、あとはトラブルに詳しい専門家が、解決のために動いてくれます。また、インターネットで業者を調べれば、夜間でも休みの日でも対応できる会社が見つかります。見積もりを出してもらうこともできるので、相場を知らない方でも安心して連絡することができます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース